ビットコイントレードのポイント

近年、普及され始めているビットコインですが「ビットコイントレードを始めてみようか」と思っていらっしゃる方も多いことでしょう。しかし、株などの投資を経験した方ならともかく、一から始めたいと考えている方にとっては、分からないことだらけかもしれません。そこでここでは、ビットコイントレードの特徴や利点、コツなどについてご紹介します。

ビットコイントレードの特徴

まず、ビットコイントレードの特徴について見ていきましょう。株式などと違いまだ歴史が浅いため、取引量が少ないという特徴があります。取引量が少ないということは、取引手数料がマイナスの場合があり、取引を行うだけで手数料がもらえる可能性がある、ということです。また、一度に大量に売ったり、買ったりするなど価格が変動しやすいことも特徴です。このように通常の株取引では考えらない特徴を持っています。

ビットコイントレードの利点

ビットコイントレードにおける1つ目の利点は、1日24時間、1年365日いつでも取引できることです。平日は仕事で忙しい方も、休日に思いきり楽しめるため、時間を気にする必要がありません。実際、平日よりも土日の方が変動も激しいという話もあり、土日のみトレーダーになるサラリーマンがいるほどです。次に価格変動率(ボラティリティ)が非常に高いことが、2つ目の利点です。価格変動率でみると円やドルのそれとは比べ物になりませんし、他の金融商品と比べてもかなりお得です。

ビットコイントレードのコツとは?

ビットコイントレードのコツは、基本的には株式や債券のコツと同じです。つまり、「安く買って高く売る」という考えを持っておくようにしましょう。しかし、株とは違い、長期に保有しても配当や株主優待はもらえません。そのため、ビットコイントレードのコツは短期保有をお勧めします。そこで参考にしたいのが「半減期」です。半減期とはおおよそ4年に1回、ビットコインの採掘報酬が半減することです。ビットコインは暗号通貨であるため、ビットコイン自体の価値が低下することを防ぐために、総発行量を2040年まで2,100万枚までと設定されています。過去2回行われた半減期では、半減期の前後に価格が上昇しました。このように、特定の時期に値動きするというクセを見極めることができれば十分に儲けることも可能です。したがって、チャートやニュースなどを定期的にチェックすることも、取引において欠かせないコツの一つです。

またビットコイントレードは、短時間での活用に非常に適しているものといわれています。その理由としては価格変動が大きいため、利点でも少し触れておりますが円やドルなどの他の金融商品に比べても変わりやすいことが短期間での活用に非常に適しております。
時間に余裕がない方、仕事が忙しくて仕事と仕事の合間の移動時間しか時間がないなどにはおすすめです。もちろん必ず取引をしなければいけないという訳ではなく、初めての方でしたらチャートが数時間でどのように変わっているのかの確認など、その使い方は様々です。短時間でも、効率よく利用することが可能な商品です。

書く

 

チャートの見方について

ビットコインのチャートは、各ビットコインの取引所から提供されております。
それぞれ取引所のサイトから見ることが可能です。ビットコインのチャートはFXのチャートと同様にローソク足で表記がされています。このローソク足の見方をよく理解することで、ビットコインの値動きというのが分かってきます。
値動きの見やすさについては、それぞれ取引所のサイトで異なってきますので、いくつかサイトをチェックすることで、どのチャートが見やすいのかを比較しましょう。
チャートでよく使われる、「出来高」、「始値」、「高値」、「安値」、「終値」などの用語も一緒に理解することでビットコインの買い時はいつか、売り時はいつかを判断ができるようになります。

まとめ

ビットコイントレードは、最初こそ難しく感じてしまうかもしれませんが、実は株価や債券の場合とほとんど変わらないことがお分かりいただけます。
ただ仕方がないことですが、他の金融商品市場に比べて歴史がまだ若く、世間の認知も低いということからそれに伴う課題というのもまだまだあります。しかし、将来的にはますます拡大していく可能性があり、その期待というのは世界各国の使用実績を見ると明らかです。少額からのスタートでもでも高い利益を得る可能性があるために、様々な金融商品の中でも特に魅力がある商品といえるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る