ビットコインのビジネスチャンスについて

ビットコインというと投資というイメージがつきがちかもしれませんが、実はビジネスにおいてその活用度はとても大きいものです。ここではビジネスで利用することのメリット、代表的なモデル例、利用する場合の注意点などについてご紹介させていただきます。

ビットコインをビジネスで利用することのメリット

ビットコインのメリットは豊富にあります。以下メリット一覧です。
・手数料が安い
→ビットコインは高度なセキュリティにより、効率的かつ低コストでの決済処理が可能です。インターネット上での取引となるので、手数料がかからず、ビットコインの支払い、送金が可能です。手数料はほとんどの場合、かかりませんが、取引をより迅速におこなう場合、支払うこともあります。

・決済が迅速である
→ビットコインでの決済は迅速です。およそ10分程度に送金できると言われ、銀行のように何日も待つということがありません。どこにいても制限がなく、決済での遅延や高額手数料が発生すうことなく送金することが可能です。

・詐欺の防止
→クレジットカードでは、決済が覆るなどの詐欺がありますが、ビットコインの決済は取り消し不可能で、不正によるコストを負担する必要がありません。
逆に取り消し不可能なために、信頼できる企業とビジネスをおこなうよう注意することが必要です。

さらに、取引や残高が公表され透明性が高いため、粉飾決算などの不正会計を防ぐことができます。

 

現状のビットコインを使ったビジネスモデル例

ビットコインを使ったビジネスモデルをご紹介します。代表的な例にクラウドソーシングがあり、ビットコインで資金調達を行い、数時間で5億円に達したという事例もあります。また、2017年4月に大手家電メーカーが、海外から来た観光客を取り込むのを狙いとして、現金だけでなくビットコインを使用した決済サービスを導入しました。また、ビットコインの技術を使ったビジネスも存在します。銀行システムなど、情報システムのセキュリティ要件が高いものについて、ブロックチェーン技術を採用することで、システムに求められる安定性を確保しつつ、コストを削減できます。このようにこれまで手数料の高さで消極的だった人も、今後はコインの普及とともにより活発になるのではないでしょうか。また、24時間取引可能という利便性も海外とのビジネスに打ってつけと言えるでしょう。

ミーティング

ビットコインを使用したビジネスの注意点

最後に注意点についてお話します。まず、価格は株や債券より変動が激しいため、ビジネスにおいて大量に保有することがリスクになる場合があります。安全性は高いといえどサイバー攻撃にさらされる危険性もあるため、端末がハッキングされていないかチェックする必要もあるでしょう。
またビットコインでの取引はインターネット上にて永久に保管がされます。よって全ての利用ユーザーが全てのビットコインを使用する際に必要なビットコインアドレスの取引を見ることができます。もちろん各自ビットコインアドレス所有者の情報は知られることはありませんが、匿名ではないためプライバシーを保護するために、常に良い慣行を採用することが、自分自身の責任であることを頭に入れておきましょう。
ビットコインさらに日本での認知度はまだ低いと言わざるを得ません。そのため国内での取引はまだ始まったばかりと言うこともでき、課題多いです。セキュリティ面ですと、ビットコイン決済をおこなう際に、複数のアドレスが関連してしますことを避けるための、決済メッセージAPIの開発がされている段階です。さらなるプライバシー面の改善に向けて、機能の改善に向けて調査や開発がされています。ですので、今後運用を考える上では、メリット・デメリットをよく理解してからスタートすることが大切です。

まとめ

ビットコインでのビジネスは2017年以降爆発的に広がると予想され、さらに加速化していくことでしょう。日本国内におけるトピックとしては、今年4 1日から「改正資金決済法」が施行されました。これにより、ビットコインを含む仮想通貨を取り扱う業者は仮想通貨交換業として登録が義務となり、日本国内での仮想通貨事業にとって大きな前進といえます。今後各ビットコイン取引所と管轄する金融庁との間でのやり取りがおこなわれる中で、新たなルール作りというのも必要になってくるかもしれません。ビットコインの認知度自体が上がりきってしまう前に、今から投資や運用に関する様々な知識を仕入れておくのが、成功するカギと言えるかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る