bitcoinのクレジットカード利用についての注意点

クレジットカードを持っている方は多いと思いますが、実はこのクレジットカードと連携したbitcoinの利用も普及しつつあります。クレジットカードを使ってbitcoinを購入できたり、支払いの際に利用できたりするのです。ここでは、具体的な利用方法、コインを購入・支払いできるクレジットカードについて見ていくことにしましょう。下記に詳細まとめさせていただきましたので、是非参考にしてみてください。

bitcoinでクレジットカードの利用方法

今回はbitcoin(ビットコイン)でクレジットカードの利用方法についてご紹介させていただきます。一般的なクレジットカードは、レストランやショップなどで決済する場合、カード会社に手数料を支払います。bitcoin(ビットコイン)の場合でも手数料が発生しますが、ビットコインを購入した時のレートと量によって計算され、コイン購入価格に含まれて表示されるという仕組みになっています。その為レートの変動によって手数料も変化しますので、注意が必要です。また、クレジットカードを買い物などで使用したときに溜まったポイントをbitcoin(ビットコイン)に換金できる種類もあるので、興味のある方は調べてみてください。

bitcoinをクレジットカードで買う

コインを購入する際、これまでは銀行振り込みがメインでしたが、週末や夜間などは送金ができないというデメリットがありました。しかし、クレジットカード決済なら瞬時にコインを購入できるので、タイムラグがありません。決済は取引所の「クレジットカードで買う」などのメニューから簡単に行えますが、手数料は取引所によって異なります。そして、bitcoin(ビットコイン)の最大購入金額や利用開始の期間なども取引所によって決められていますので、取引所のサイトで確認してから取引するようにしましょう。

bitcoin払いできるクレジットカード

bitcoin(ビットコイン)払いができるクレジットカードとしてはVISA、MASTER、JCBなどがあります。ただ、どれに対応しているのかはコインを取り扱っている取引所で異なるので、予めご自身でサイトや問い合わせ等で確認するようにしてください。使用後は、ご自身の口座から差し引かれる仕組みであるため、円による支払いと同じ感覚で使うことができるでしょう。ただし、取引所によっては対応していないところもありますので、その点はご注意ください。各取引所(2社)でのクレジットカードの対応状況は以下をご覧ください。

●Coincheck(コインチェック)
VISA、MASTER、JCBに対応しており、最大100万円分までクレジットカードによる決済が可能です。特長として深夜・土日問わず、即日で購入することができます。平日は仕事で忙しいサラリーマンの方、自営業の方におすすめの取引所です。
●bitFlyer(ビットフライヤー)
VISA 、MasterCardに対応しており、最大100万円分までクレジットカードによる決済が可能です。特長として購入最低金額が1,000円に設定されており、お財布に優しい、1クレジットカードによる購入を1度選択すれば、次回以降は1クリックで購入ができるようになります。

クレジットカード

 

専用ATMでbitcoinを

ビットコインの取り扱いとしては主に取引所を通じて、インターネット上で購入したり、取引したりするのが一般的でした。しかし近年、bitcoin専用のATMが設置されるようになり、日本国内では東京都内を中心として全国に設置がされております。
ここではbitcoin(ビットコイン)での操作をATM上で行うことができ、あまり知識がない方でも気軽に利用することが可能です。とはいえ世界と比べて日本で設置されているbitcoin(ビットコイン)専用ATMはまだ少ないです。世界と比べて普及が遅れているということもありますが、インターネット上だけではなく、ATMからも利用できるようになれば、bitcoin(ビットコイン)のイメージにも良い印象があります。将来的にはbitcoinが普及されるようになれば、主な公共機関へbitcoin(ビットコイン)のATM設置が実現され、その活用も非常に良くなるのではないでしょうか。通常ATMからお金を引き出したり、預けたり、取引をおこなえたりするのと同様にbitcoin(ビットコイン)でもその利用価値が世間でも高まるようになれば、日本国内での普及もさらに加速していくのではないでしょうか。

まとめ

クレジットカードと連携したbitcoin(ビットコイン)が登場したことで、購入や支払いの選択肢がますます広がりつつあります。今後より多くの取引所がクレジットカード決済を導入すれば、支払う手数料が安くなったり、現金を持ち合わせる必要がなくなったりと、私たちにとって嬉しい変化があるかもしれません。可能性は無限大です。日本国内で取り扱いできる店舗・取引所が増えれば、支払い手段として仮想通貨でやり取りするのも当たり前の時代になるのではないでしょうか。現状、取り扱い店舗はまだ少ないのですが、今後普及がされることでさらなるサービス拡大、その使い方にも柔軟性が生まれて、bitcoinが生活の一部のようになっていくことを期待したいです。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る